日本赤十字看護大学看護学部の特徴

日本赤十字看護大学看護学部の特徴

日本赤十字看護大学は東京都渋谷区にある私立大学です。日本赤十字看護大学は看護学に関する専門分野の教育や研究を行っているのです。

そんな日本赤十字看護大学の看護学部の特徴としては社会に貢献できる人材を育成していることです。

赤十字の理念に基づいて、看護の実践と研究に必要な基礎的能力を学ぶことができます。そして、人類と国際社会に貢献できる人材を輩出しているのです。

看護学科を卒業することで取得できる資格は学士の学位だけでなく、看護師国家試験受験資格と保健師国家試験受験資格を取得することができます。

また、在学中に救急員認定証も取得できるのです。日本赤十字看護大学は東京都にある看護について高いレベルで教育を受けることができる大学です。

日本赤十字看護大学看護学部の歴史

日本赤十字看護大学看護学部の歴史

日本赤十字看護大学看護学部の主な歴史ですが、1980年(明治23年)に日本赤十字社病院において開始された看護婦の養成を前身として、1946年(昭和21年)に財団法人日本赤十字女子専門学校を設立します。

尚、占領軍の命によって東京看護教育模範学院として、聖路加女子専門学校との共同教育を1953年まで行っていました。

1966年(昭和39年)には日本赤十字中央女子短期大学と変わります。

1986年(昭和61年)に短期大学から日本赤十字看護大学になり、1993年(平成5年)には初めての大学院看護学研究科修士課程が設置され、1995年(平成7年)には大学院看護学研究科博士後期課程が設置されました。

1996年(平成8年)に看護学部が男女共学化され、2005年(平成17年)には日本赤十字武蔵野短期大学との統合により、新たな「日本赤十字看護大学」となり、2016年(平成28年)に大学創立30周年を迎えました。

日本赤十字看護大学看護学部の学費

日本赤十字看護大学看護学部の学費

日本赤十字看護大学看護学部では、入学金の400,000円と別に授業料、実験実習費、維持運営費などといった学費を納めなければなりません。

1年次には入学金と合わせて1,972,720円、2年次には1,570,000円、3年次と4年次にはそれぞれ1,600,000円の学費を納入する必要があります。

3年次編入学生の場合も入学金が必要です。3年次は入学金と合わせて1,951,440円、4年次には1,550,000円の学費納める必要があります。

授業料、実験実習費、維持運営費は前期分と後期分で二分割し、半分ずつ納入することも可能です。また、入学時には入学金や学費の他に実習着やナースシューズ代、教科書代も別途かかります。