北里大学看護学部の特徴

北里大学看護学部の特徴

北里大学は東京都港区に本部を置いている私立大学です。北里大学は7大学院と7学部、一般教育部、2付属研究所、4大学病院を有している大学です。

理念としては独自の知的価値の創出と人材育成を通じて社会的使命を達成するための教育・研究となっています。

そんな北里大学で高く評価されているのが看護学部です。看護学部の特徴は、最新の医療に対応して活躍できる人材を育成していることです。

チーム医療教育を行うことで医療チームでも協働することができる看護師を育成しています。また、大学附属病院と連携することで臨地実習が行われています。

そのため、卒業後も最新の医療に対応することができて活躍できる看護師を輩出しているのです。

北里大学看護学部の歴史

北里大学看護学部の歴史

北里大学は北里柴三郎博士が創設した北里研究所の50周年記念事業の一環として昭和37年に創立しましたが、最初は衛生学部をもって創設されたことが歴史の幕開けとなっています。

北里柴三郎博士は大正3年に北里研究所を始めました。北里大学はゆかりの地でもある東京都港区白金に建てられ、看護学部は昭和61年看護学部につくられました。

在学生は、北里精神に徹して学業に励むことによって、技能を磨いてきました。そして、徳性を養うことや、将来有為なるようなことも目標として掲げられてきたという歴史もあります。

多くの賢人を輩出していて、名だたる賞の受賞や研究成果を出すことでも知られていますが、医学部のみならず、看護学部からも多くの優秀な人材を輩出し続けています。

北里大学看護学部の学費

北里大学看護学部の学費

北里大学看護学部の学費は、初年度に入学金40万円・授業料120万円・施設設備費として30万円の合計190万円かかります。

分割納入なら前期115万円・後期75万円です。入試で合格した場合は、前期115万円は支払わないと入学が取り消されます。

最低限その分は自己資金が必要になるので注意しておきましょう。2~4年次に授業料140万円・施設設備費として30万円の合計170万円かかります。

分割納入なら前期85万円・後期85万円です。助産師コースを履修する場合は、4年次に助産教育課程指定科目履修料として35万円。

保健師コースを履修する場合は、3年次に保健教育課程指定科目履修料として5万円・教職課程を履修する場合は、3年次に教職課程指定科目履修料として10万円別途徴収します。