慶應義塾大学看護学部の特徴

慶應義塾大学看護学部の特徴

慶應義塾大学看護学部の最大の特徴は、国内トップレベルの学習環境が整っていることです。

医学部の学生との交流があるだけでなく、1・2年次では総合政策学部、環境情報学部の授業を受けることもできます。

万一看護の勉強が合わないというケースでは、他学部への転科ができることも強みの1つと言えるでしょう。

そして、慶応義塾大学には看護学部に加え、医学部と薬学部の2つの医療系学部が併設されています。3つの学部が連携する授業もあり、より幅広い知識を習得することができます。

さらに、慶應義塾大学看護学部では国際医療を学べる体制が整っています。

長期休暇には海外研修プログラムが開催されており、世界の医療事情を把握するとともに、語学力の向上を目指す場として活用する在学生もいます。

このように、慶應義塾大学では看護学だけにとらわれない幅広く実践的な医療を学ぶことが可能です。

慶應義塾大学看護学部の歴史

慶應義塾大学看護学部の歴史

慶應義塾大学看護学部の主な歴史ですが、1917年(大正6年)に医学科を創設し、北里柴三郎による慶應義塾大学医学科付属看護婦養成所の認可を得ます。

1918年(大正7年)に芝白金三光町養生園に仮養成所が設置されて、第1回生の養成が始ります。

1950年(昭和25年)に保健婦助産婦看護婦法によって、養成所が慶應義塾大学医学部付属厚生女子学院と変わります。

1954年(昭和29年)に医学部付属の准看護婦学院設置を設置され、1988年(昭和63年)に慶應義塾大学医学部付属女子厚生学院を発展させて、慶應義塾看護短期大学が開校します。

そして2001年(平成13年)に新たに設置された慶應義塾大学看護医療学部の設置により、短期大学の方は2003年(平成15年)に廃止されてしまいました。

慶應義塾大学看護学部の学費

慶應義塾大学看護学部の学費

慶應義塾大学には本来は看護短期大学が存在しましたが、2001年に新しく医療系の学部に看護医療学部が誕生しています。

慶応義塾大学の看護学部の特徴は、本来は短期大学で学習されることが多い看護を4年間かけてじっくりと学習することができる点で優れています。

慶応義塾大学の看護学部の学費は、入学金200,000円、在籍基本料60,000円、授業料100,000円、施設設備費310,000円、実験実習費220,000、その他の費用で15,850円となります。

初年度に必要となる学費はトータルで1,805,850円となりますが、在学生の場合は入学金がなくなるため、その分の費用がかからないため1,605,850円の学費が必要です。